沖縄移住 【厳しい現実/収入面】

仕事

はじめに

沖縄に移住する際に、まず頭に思い浮かべるのは、

・どんな仕事をしようか?
・収入はどのくらいなんだろう?
・生活していけるのかな?


などなど考えると思います。

沖縄の平均収入は毎年、全国最下位クラスですので、収入面での不安要素は大きいと思います。
そこで、リアルな現体験を元に記載していきますので、参考にして下さい。

平均収入

平均年収
検索
  平均年収
沖縄

約370万

東京 約600万
日本平均 約430万


概ね、400万~600万円の収入を得ている方が一番多いのではないでしょうか。

沖縄の平均年収は毎年、全国最下位をいったりきたりです。

もっと厳しい現実


沖縄の370万って、平均年収の少し下だから、大丈夫じゃない?と感じる方もいると思います。

ですが実際には、沖縄の平均年収を押し上げているのは

公務員
軍用地地主
起業家
の方が多いです。

また、沖縄はアメリカ軍の基地が多くあるので、地主は毎年多額の使用料を得ています。

 

地主や高所得者と一般のサラリーマンでは収入格差がとても大きいのが
平均年収ではわからない沖縄の厳しい現実です。



沖縄にも本土に負けない位の、優良企業はありますが、
現実的に移住してすぐに、そのような優良企業に転職するのは難しいです。

その為、
現実の収入面は、額面で25万円/手取り20万位、なら御の字です。

また、ボーナスと退職金は無い企業が多い。

額面18万円~20万円 手取り13万円~15万円といった就労先も多いです。

どうしたらいい?対策方法

収入を増やす

 

流石に年収300万円だと生活できるかなと、不安になると思います。


実際に、私や同僚も、Wワークなどでプラスαの収入が必要で
18時まで仕事をして、そのあと3HR程度バイトをしたりしていました。

えー!!かなりハードな生活だな!!

と感じると思いますが、沖縄のいい所として、


【職場が近い】
→遠くても車で30分。歩いて10分圏内はざらです。
通勤ラッシュの労力とストレスがないので、その分、体力は温存されている。

【沖縄は緩い】
→沖縄の職場の雰囲気は、いい意味で緩いです。都会のように、会社の人間関係に疲弊するという割合も少ないと思います。

そのような理由で、Wワークも可能となり、いい気分転換にもなります。

 

生活コストを下げる

 

【家賃は都会と比較すると安い】
→都会でかかっていた遊行費は、沖縄では、すぐ近くに綺麗な海、公園などがあり、そういう所で遊んでいればお金を使わない遊びが可能です。

すごーーく、頭を悩まして、節約しようとしなくてもそれなりに生活コストは下がります。


後は、少し意識して生活コストを下げるようにしていけば、充分だと思います。

 

現実を受け入れる

 

どうしても、今まで貰っていた収入を捨てたくない!!
そんな20万円の月給なんて嫌だ!!


と感じると思います。実際に私もそうでした。

移住当初は、
【最低で月給20万円、年2回のボーナス、土日休み】が最低条件でした。

・・・まぁ、そのような待遇の企業はどんなに探そうと、沖縄ではそうそうありません。

15年の前の事ですので、今の沖縄よりもっと雇用条件が悪い時代です。

それまでの収入は捨てがたいですが、まずは、リセットして沖縄の平均収入を受け入れ就職して、徐々に収入を増やしていく!!

という考え方が沖縄移住の近道なのかなと思います。

まとめ


収入面って大事ですが、沖縄には厳しい現実が待っています。

そこを受け入れないとなかなか、沖縄移住も進まないと思います。

少しづつでも、全然OKなので、副収入を増やすような(アルバイトなどのWワーク/今なら、ネットを使った収入)方向で考えて実践していけば、移住デメリットも減り、楽しい沖縄ライフが待っていますよ!!

コメント

  1. […] 沖縄の平均年収は毎年全国最低レベル。 移住したら、今まで貰っていた給与よりも、ほぼほぼ、下がるでしょう。 給与が下がる事を覚悟して、生活コストを下げたり、副収入の道を考えていきましょう。 関連記事;沖縄移住 【厳しい現実/収入面】 […]

タイトルとURLをコピーしました