【カブ夫婦】クロスカブ 6ケ月 7000キロ走行感想

バイク

クロスカブを購入して、半年で7000キロ走りました。
購入動機は、先に購入していたC125がキッカケでしたが、ざっくりと感じた感想を書きます。

まず、生活の足が変わりました。
クロスカブを購入する前までは、車とビックスクーターで、5:5の比率で乗ってました。
今は、クロスカブが9割です。
雨の日以外は、ほぼクロスカブになりました!!

今まで、バイクは数台乗り継いできており、今もビックスクーターを保持してますが、カブは独特な乗り物でした。

クロスカブでは、近所の買い物にいくまでのちょっとした数分の乗車でも楽しいのです。
軽くて、乗るまでによっこいしょ感がなく、スクーターとは違ってある程度のギア操作もあり、時速20キロ近辺の市街地走行もとても楽しいのです!!

車体が、自転車並の大きさと軽さなので、狭い路地でもスイスイと走れます。
そして、圧倒的な燃費です。燃費走行なんてしてなくても、軽くリッター50キロ以上は走ります。

また市街地走行だけでなく、スピードもそこそこでますので、ロングツーリングもこなします。
クロスカブはC125と比較すると、圧倒的にシートがいいです。ふかふかで、座面の面積も広いので、お尻と腰にかかる負担が少ないです。
ただ、これはカブ全般にいえる事なんですが、タンク容量が4.3Lと少ないので小まめなガソリン補給が面倒です。2日に一回は給油してます。

パワー面は、クロスカブ単体で乗ってたら、おそらく不満はなかったでしょうが、C125と比較すると非力と感じてしまいます。
購入する前は、たった15CCの差なので、そんなに変わらないと思ってましたが、全然違いました、、、。
ただ、クロスカブにヨシムラマフラーをつけたので、それにより中速から高速域のパワーの伸びが増えて、改善されて今では、不満はなくなりました。

C125はノーマルでほぼ、デザイン、走破性はほぼ完成されていると思ってます、さすがホンダ渾身の現代版のカブです。
素晴らしい仕上げで、カスタムしようにも結局はノーマルが一番美しいと感じてしまう車両です。

クロスカブは、どこか、ノスタルジックな雰囲気があるバイクです。
ギアもC125は流石、最新設計なので、スコンスコンと入りますが、クロスカブは、ガタンガタンといった具合にギアチェンジしていきます。
ドラムブレーキなので、ブレーキレバーやフットブレーキをムギューっと力を入れて引いたりします。
でも、ブレーキが効かないという事ではないんです。
ギューっと引く力が必要で、併せて、フットブレーキとエンジンブレーキを使えば充分に効きます。

メリット

・日常の足になる。
・車重が軽く、ハンドルもオフロードなので曲がり幅が大きく、街乗りがしやすい。
・シンプルな構造なので、ある程度の整備は自分で出来るようになる。
・市街地走行から、ロングツーリングまで幅広く楽しめる。
・維持費が安い。(燃費がいい、セルフ整備が出来る、保険安いなど、、、)
・カスタムが楽しめる。
・オフロード風バイクなので、砂利道などの走破性も良く、遊べる範囲が広がる。

デメリット

・ガソリンタンクが少ないので、小まめに給油しないといけない。
・車重が軽いので、強風の場合は流される。

まとめるとこんな感じでしょうか。
車重が軽い事がデメリットにあげましたが、こちらはメリットと表裏一体なので、唯一のデメリットはガソリンタンク容量の少なさぐらいです。
ABSも、ディスクブレーキも、ついていないバイクですが、ほんとにいいバイクです。
バイクって必ずしも、最新設備が必要という訳でなく、トータルバランスが大切だと感じる事が出来るバイクです。


コメント

タイトルとURLをコピーしました