【沖縄移住】移住して憧れの外人住宅に住んでみた感想。

沖縄生活

沖縄といえば、「米軍基地」

日本全国あちらこちらに米軍基地がありますが
その70%を占める米軍専用施設面積が沖縄にあります。

それもあって、沖縄は独特の異国感を味わえるのですが、
沖縄の特集番組などで良くみられる

「外人住宅を改造したカフェ」

を目にする機会も多いと思います。
外人住宅って、凄いオシャレで、憧れますよね!

なんと沖縄には数は少ないのですが、
賃貸用の外人住宅もあるんですよ!!

折角の沖縄移住!!
この機会に住んでみようかな!!と思いますよね。

僕のそのうちの一人でした。
今回は実際に住んでみた感想を書いていきたいと思います。

 

①移住してはじめての家が外人住宅になった経緯

移住した当初は、海の近くに住みたいと思い、
北谷や宜野湾エリアを探していました。

そこで、たまたま外人住宅の集合住宅を見つけたのです。

そう!!前から気になっていたあの「外人住宅」です!!

 

さっそく!!内覧しました!!

【内覧した印象】

・床は黒いタイル張り
・コンクリ剝き出しの天井
・真っ白にペンキ塗りされた壁
・玄関のたたきがない
・無垢材の押し入れ

今までに見たことのないような物件で
おしゃれでとても新鮮に見えて、即!!契約!!

②物件情報

地域:宜野湾大山

近くには、安室ちゃんが引退ライブを行った、
「沖縄コンベンションセンター」や、「ヨットハーバー」などがあり
全体的には田舎でも都会でもない街です。

【嬉しPOINT】
・那覇から車で30分という好立地
・海も近い
・外人住宅

【ネックPOINT】
・築年数は30年

と築年数は古いのですが、そんな事はまったく気になりませんでした。

住んでみた感想

さぁ、実際に住んでみてどうだったかというと!!!!!

・夏暑く、冬寒い

壁紙などが無い為、コンクリ剥き出しの壁と天井で、防熱/防寒対策が全くされていない。

・床がすぐに汚れる

外人住宅は、基本的に外人が住むように設計されている為、
靴のまま室内で生活するような作りです。

その為、靴を脱いで置いておくスペースのたたき部分がありません。

僕は、入り口に靴を脱いで生活をしていたのですが、たたきがないので、
靴についた汚れ/玄関外のゴミが室内に入りやすく、
掃除機をこまめにかけてもすぐに室内は汚れやすいと感じました。

・虫が多い

築年数が古い為か、隙間が多く、そこからアリが入ってきてました。

・音が響く

壁紙がないので、生活音が響きます。お隣さんの生活音も響いてました。

オススメできる?できない?

おススメできません!!

一般の人が住むには、改修などを行わないと快適にはなりません。
中には、改修された賃貸用の外人住宅もあると思いますが、
数も少ないので、賃貸料は高額になりがちです。

外人住宅は一般の人が住むには、それなりの改修や工夫が必要となるレベルの高い物件になります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました